まつげを増やすにはどんな食べ物がいいの?

まつげを増やす食べ物ってどんなもの?

まつげが多くて長い目元は目ヂカラが強くなり、憧れる女性も多いと思います。
けれどマスカラやビューラーなどを使ってまつげにダメージを与え続けていると、まつげの数を増やすことはできず傷んで抜け落ちてしまいます。

 

外側からまつげ美容液などで対策することも必要ですが、まつげを増やす働きのある食べ物などで内側から対策を行うとより効果が高まるでしょう。
ここではまつげを増やしたいと考えている方に意識して食べていただきたい食べ物を紹介したいと思います。

 

頭髪もまつげも基本となるのは「ケラチン」という成分です。
たんぱく質の一種であるケラチンは、18種類のアミノ酸が結びついてできているものなので、まつげを増やすことを考えるなら毎日の食事でたんぱく質やアミノ酸を積極的に摂り入れるといいでしょう。

 

肉や魚、大豆や乳製品といった食べ物に、たんぱく質は多く含まれています。
魚は苦手だし肉を食べる量を増やすと太ってしまう…、と悩んでしまう方もおられるかもしれませんが、肉類を適度に食べることにより十分なたんぱく質を摂り入れることができます。

 

肉類を食べる量を極端に減らすというダイエットを行って、肌が荒れたり頭髪が少なくなってしまったというケースもあります。
そうなってしまうと、頭髪と同じ成分からできているまつげも抜けてしまうに違いありません。
まつげだけではなく健康な毎日を送るために必要な栄養素を含んでいる肉類を積極的に食事に取り入れるようにしたいですね。

 

そして、新陳代謝機能が低下することによってもまつげは抜けて少なくなります。
新陳代謝機能の低下は甲状腺ホルモンの働きの低下に影響されて起こります。

 

これらを予防するためにはヨウ素を豊富に含む魚介類やコンブなどの海藻類、そして亜鉛を多く含む牡蛎や豚肉のレバーなどを食べるようにしましょう。
肉や魚とこういった食べ物を一緒に食べることにより栄養素の体への吸収がスムーズになりますので、組み合わせた食事を心がけるようにしましょう。

 

そのほかに血の流れがスムーズな状態だとまつげも太く抜けにくくなります。
そのためには末梢血管を広くして血行を高める働きがあるビタミンEを摂り入れるようにするといいでしょう。
ビタミンEを多く含むのはナッツ類や玄米などの食べ物です。
また、L-シスチン・含硫アミノ酸が豊富なゴマも代謝酵素の働きを活発化し、丈夫なまつげ作りをサポートしてくれます。

 

このようにまつげを増やすために役立つ様々な食べ物があることがわかります。
これらをバランスよく食事に取り入れるようにすれば、まつげを増やすだけではなく体全体の健康のためにも大きな効果があるに違いありません。

 

まつげ美容液のランキングを見てみる