まつげを増やす薬があるってホント?

まつげを増やす薬にはどんなものがあるの?

まつげを増やす方法のひとつとして薬を使うやり方があります。
まつげを増やす効果が認められた薬があり、買うこともできるのです。

 

まつげを増やす薬としては以下のものが有名です。

まつげを増やす薬の種類

ルミガン
アイルランドに本部を置く製薬会社アラガン社が開発し、FDA(米国食品医薬品局)が医薬品として認めた薬です。
もともとは緑内障の治療のために開発されたのですが、利用者からまつげが増えたり伸びたりするという報告が多く寄せられ、まつげを増やす伸ばす薬として販売されることになりました。

 

グラッシュビスタ
ルミガンを販売するアラガン社が医療用まつげ育毛剤として販売していた「ラティース」という商品が、日本の厚生労働省から認可を受け名前を変えて発売されたのがグラッシュビスタです。
成分はルミガンと同じなので、まつげを増やす効果も同じです。

 

ケアプロスト
ケアプロストももともとは緑内障の治療薬として眼圧を下げるという目的のために使用されていたのですが、まつげを増やす効果があることがわかり、FDA(米国食品医薬品局)に正式にまつげを増やす伸ばす薬として認可されました。
ルミガン(グラッシュビスタ)もケアプロストもビマトプロストという成分の働きによってまつげを増やしたり伸ばしたりします。
効果に差はなく、価格はケアプロストの方がやや安いです。

まつげを増やす薬には副作用が

ルミガン(グラッシュビスタ)もケアプロストも薬品ですから、副作用が発生する可能性があります。
症状としては、色素沈着、目の充血、目がかゆくなる、眼圧が低くなるなどがあります。

 

利用者の中には、効果を感じていたが副作用あるので利用を中止した、という方もいるようです。

まつげを増やす薬を手に入れるには

ルミガン(グラッシュビスタ)もケアプロストも医薬品なので、手に入れるためには基本、病院に行って診察を受け処方箋を出してもらう必要があります。
薬自体の値段が1本8,000円〜9,000円、診察料金を含めると税込で19,000円ほどになることもあります。

 

ルミガンやケアプロストは個人輸入で購入することも可能です。
その場合の値段は、1本2,000円〜3,000円程度となります。

 

ただし、注文してから手元に届くまでに1週間〜10日程度はかかるようです。

 

まつげ美容液のランキングを見てみる