まつげを増やすにはワセリンやニベアを塗ればいい?

ワセリンやニベアでまつげを増やすことができる?

就寝前にワセリンやニベアをまつげに塗ると、まつげを増やすことができるという話を聞いたことはあるでしょうか?
本当なのかどうか調べてみました。

 

 

そもそもワセリンやニベアにまつげを増やすという効果はあるのでしょうか?
これはズバリ、はっきり言ってワセリンやニベアにはまつげを増やすという効果はありません。

 

ワセリンとニベアは実は同じようなもので、ニベアの中にはワセリンが含まれているのです。

 

石油に含まれる炭化水素類を精製したものがワセリンです。
別の言い方をすれば固形化した油ということになります。

 

一方、ワセリンと水を混ぜクリーム化したものがニベアということになります。
水と油の混合物というわけです。
ワセリンから作られているニベアの効果は、当然ワセリンと似たようなものとなります。

 

水が含まれている分、ニベアはワセリンよりも潤いが得られますから、まつげに塗るとしたらニベアの方がいいかもしれませんね。

 

ただ、先ほども書きましたが、ワセリンにもニベアにもまつげを増やすという効果はありません。
ということは、まつげにワセリンやニベアを塗ることはまったく意味がないのかというと、そうでもありません。

 

 

ワセリンやニベアを塗ることで、まつげやまつげの毛根をさまざまな刺激から守ることができます。
その結果、まつげが生えやすくなる、あるいは長く伸びるということになるようです。
まつげにとってよい環境づくりができる、ということなのではないでしょうか。

 

しかし、いくらまつげにとってよい環境になるとはいっても、ワセリンやニベアをたくさん塗ればいいというわけではありません。
まぶたは体の皮膚の中でもデリケートな場所ですから、ワセリンやニベアを塗りすぎると肌荒れや湿疹を引き起こしてしまう恐れもあります。
塗りすぎないように綿棒などを使って塗った方がよいでしょう。

 

塗る場合は就寝前が最適ですが、肌への影響が心配な場合はお風呂から上がった時に塗り、15分程度で拭き取ればよいでしょう。

 

 

ワセリンやニベアを使ってまつげにとってのよい環境づくりをすることはできますが、あくまで土台作りで、まつげが増える・伸びることに直接つながるわけではありません。
やはり、短期間で確実にまつげを増やすなら、まつげを増やすことに特化したまつげ美容液の利用をおすすめします。

 

まつげ美容液のランキングを見てみる