ビューティーラッシュには危険な副作用がある?

ビューティーラッシュを使うと副作用が発生する?

まつげを増やす効果が高いと口コミでも人気のまつげ美容液・ビューティーラッシュ。
ビューティーラッシュは「まつげを早く増やすことができる」という口コミがある一方、「副作用がある」という口コミもあります。

 

ビューティーラッシュを使っていると本当に副作用が起こってしまうのか調べてみました。

 

ビューティーラッシュの副作用とはどのようなもの?

ビューティーラッシュの副作用とは一体どのようなものなのでしょうか?
口コミを調べてみると、「目が充血する」「目の周辺に色素沈着が起こってしまった」「目の周りの肌が荒れた」「目や皮膚がかゆくなってしまった」などといった声があります。

 

ですがその一方で、「使い続けているが特に問題はない」という人もいます。

 

上記のような症状が起こるかどうかは個人差があるようで、特に敏感肌の方、海外製の化粧品などが肌に合わないという方などは副作用的な症状が起こりやすいようです。

 

また、ビューティーラッシュの間違った使い方によって副作用的な症状が起こっている場合もあるようです。
「少しでも早くまつげを増やしたい」「少しでも多くまつげを増やしたい」と考えて、推奨されている分量以上の量を塗って、その結果、液が目に入ってしまったり目の周りの肌についてしまったりということがあるようです。

 

公式サイトにも記載されていますが、ビューティーラッシュを使う時は「ハケ先が少し濡れている程度で十分」「目を閉じて塗る」「片目のまつげに塗った液が乾いてからもう片方のまつげに塗る」ようにしなければなりません。
これらの使い方を守っていないと、液が目に入ったり肌に付着したりする可能性が高くなってしまいます。

 

敏感肌の方はビューティーラッシュ通常版がおすすめ

「自分は敏感肌だ」「海外製の化粧品を使って肌が荒れたことがある」という方は、ビューティーラッシュ通常版を使うようにするといいでしょう。

 

現在日本では、「ビューティーラッシュ通常版」「ビューティーラッシュ復刻版」という2種類の商品を購入することができます。
「ビューティーラッシュ通常版」は日本人の肌に合わせて低刺激な成分に変更された商品です。

 

ただ、いくら低刺激といっても、推奨されている使い方を守らなければ、副作用的な症状が起こる可能性はありますから気をつけましょう。

 

ビューティーラッシュは全世界で200万本以上を販売した大ヒットまつげ美容液なのですが、もともと海外の商品なので日本人の肌には刺激の強い成分が配合されています。
利用する場合は正しい使い方を守り、また敏感肌の方は通常版を選ぶようにすれば副作用的な症状が発生する可能性は低くなるでしょう。

 

 

↓まつげを増やすことができる↓

↓ビューティーラッシュ公式サイト↓

 

まつげ美容液のランキングを見てみる